サプリメントの効果
サプリメントとは
サプリの注意点
過剰症
併用に気を付ける薬
主要栄養素とは

 
  併用に気を付ける薬


    インスリンとビタミンC 

インスリンには血液中のブドウ糖をエネルギーに変える働きがあり、ビタミンCにも同じ
作用があります。この二つを併用した場合、糖尿病で毎日決まった時間に決まった量の
インスリンを注射している人には、効き過ぎる場合があります。
ビタミンEについてもインスリンの必要量を減らしてくれる働きがあるので、必ず医師に
相談して下さい。


    セントジョンズワート 

セントジョンズワートは一種の抗うつ的な働きがありますが、抗HIV薬、強心薬、免疫抑制薬
気管支拡張薬、血液凝固防止薬、経口避妊薬、抗うつ剤の分解を早め、効果を減少させたり
副作用を強める可能性がある。薬を服用しているときはセントジョンズワートは使用しない
ようにする。ただし、現在セントジョンズワートを摂っている人は急にやめてしまうと反動で
良くない影響が出ることがあるので、医師に相談しながら量を減らしていくこと。




      メバロチンとナイアシン 

メバロチンは、コレステロールを下げる薬で、よく病院で処方される薬ですが様々な副作用が
あります。その一つに横紋筋の融解というものがあって、メバロチンには横紋筋を溶かしてしまう
という副作用があります。
この副作用はナイアシンでさらに増強されることがあるので、必ず医師に相談をすること。





    利尿薬と亜鉛 

ベジタリアンやアルコール中毒の人、ペニシリンや利尿薬を服用中の人は特に、
亜鉛の吸収率が低下することがあるので意して必要な量を摂る事を心がけましょう。



    イチョウ葉

イチョウ葉抽出物には血液の流れを良くする作用があります。
血液凝固防止薬、血栓溶解薬と併用する場合や血友病の患者、また、手術等をする際には
必ず医師に相談すること。イチョウ葉サプリを服用していて手術が必要となった場合は
手術の36時間以上前に服用を中止しなければなりません。



   抗腫瘍薬(抗ガン剤)とビタミンB2 

抗腫瘍薬を飲用している場合、ビタミンB2を多量に摂取すると薬の効果が
軽減されるので注意が必要。



    ビタミンD剤とカルシウム

腎臓などの病気でビタミンD剤を治療薬として服用している場合、カルシウムをサプリメントで
摂取すると過剰に吸収され、高カルシウム血症を起こす恐れがあるので注意。




    大豆イソフラボンと避妊用ピル 

更年期障害の改善に効果のあるサプリメントに大豆イソフラボンがありますが
避妊用ピルとの併用でホルモンバランスが崩れるとの指摘があります。
大豆にアレルギーを持つ人も服用しないように注意して下さい。

Favorite

Apple
https://www.apple.com/jp/

Last update:2015/2/12